介護食

夏バテを防ぎ、元気に暑さを乗り切ろう!

 暑い日が続くと、疲れが抜けにくい、食欲がわかなくなるといった身体の不調が続いてしまいます・・・これはいわゆる『夏バテ』の状態です。
夏バテ対策をしっかり行って、暑い季節を乗り切りましょう。
 笑顔こまめに水分補給をする
 日差しの強い屋外ではなくても体温調節機能が衰えている高齢者は室内でも脱水症状になることがあります。また毎日2.5リットルの水分が身体から失われるといわれています。
 この時期は熱中症予防のためにも、水やお茶をこまめに飲むとよいそうです。


笑顔温度差や体の冷やしすぎに注意する
外気温との温度差や体の冷やしすぎは自律神経の乱れを招きます。
なお、夕方以降の涼しい時間帯に行うウォーキングなどの軽い運動は、自律神経の働きを整えるうえで有効といわれています。

笑顔1日3食、いつも以上に栄養バランスを心がける

暑さで疲れやすく、汗でミネラルを失いがちな体はたっぷりの栄養が必要です。
食欲がないからといって偏ったメニューにならないよう、たんぱく質もしっかり摂りましょう。

笑顔睡眠をしっかりとる
暑さによる疲労回復や、自律神経を整えて体調不良を改善するために睡眠は欠かせません。
冷房の設定温度も低くしすぎないよう心がけて質の良い睡眠をとりましょう。

 



   低栄養を防ごう 

高齢になると嚙む力や飲み込む力が衰え、食事量が減ってしまいます。
また、暑い季節は特
に食欲まで減り必要な栄養が不足しがちです。
栄養状態が良くなれば病気や傷の回復が早くなったり感染症にかかりにくくなります。
普段の食事に介護食を取り入れ、バランスの良い食事を摂りましょう!
   
     
          


   かたいものが食べずらい方にも食べやすいように調理された『やわらか食』介護者が不在の時や、いつもの食事にもう一品プラスしたい時などに、手軽に温めて食べれるレトルトタイプのものやカップに入ったものがあります。やわらかさも『容易にかめる』『歯ぐきでつぶせる』『舌でつぶせる』『かまなくてよい』と4種類に分けられていますのでご自分の好きなやわらかさを選ぶことができます。


 食べる量が減ってきて少量でも栄養価の高いものを摂取できるよう『栄養補給食』として特定の栄養成分を強化したプリン・ゼリータイプものもございます。
エネルギーやタンパク質以外にカルシウム、亜鉛、鉄分などが補給でき床ずれの栄養管理にも適しています。
 

 最近ではドリンクタイプの栄養強化食品も種類が豊富で、だいたい1本125ml程でエネルギー200kcal、タンパク質、鉄や亜鉛といった必要な栄養素が一緒に摂れます。暑い時など食欲が落ちた時に水分補給も兼ねてどうぞ。

 
嚥下が困難になってきた方に、いつもの飲み物に加えてかき混ぜるだけで簡単にとろみをつけることができるとろみ剤もございます。だまにならずさっと溶け、食品の風味を変えずに粘度が安定します。個人様向けのステックタイプから施設様向けの業務用サイズまで取り扱いございます。


 


冷凍おかずセット


↑ 
クリックして拡大できます


  定期的な介護食のご購入はご自宅まで配達します!     
  


身体が思うように動かなくなっても自分で食べる!を目標に工夫されたお箸、スプーン、食器などの食事補助用品、食事用エプロンなどもございます。お口の中を清潔に保つ口腔ケア商品も取り揃えております。


 ※介護食のお届けは賞味期限の都合上、ご注文を頂いてから数日後となります。
   (在庫商品はありません。サンプルはご用意しております。)


  その他、食事のことで何かご相談が
 ございましたらいつでもご連絡ください。


   株式会社 おかい商店
           ☎0736-73-3262

     管理栄養士:岡井 菜美